幸せを作る、占いの活かし方|深層心理を見破る!夢占いで不安も解消しちゃおう!

幸せを作る、占いの活かし方

タロットカード

占いを受ける際に心がけたいことが2点あります。1点めは具体的な質問をすること。「彼とどうなりますか」ではなく「彼と結婚できますか」のほうが、より具体的な答えを得やすくなるといわれます。さらに「彼と幸せな結婚をするためにはどうすればいいですか」というように今、自分で起こせそうなアクションを聞いてみるのもおすすめです。 2点めはメモを取ること。スマホやパソコンを使った占いの場合は、結果を保存していつでも見られる状態にしておくとよいでしょう。電話占いや対面鑑定を利用した場合は、記憶が新しいうちにメモを取っておくのがおすすめです。日々の生活に戻ってからも何を話したのか見返して、生活の中に活かしやすくなります。特にどんなアクションを起こせばいいかを聞いていた場合は、忘れてた!やろう!と思い出すのにも役立ちます。

占いの結果が悪いと、続けて違う人や違う方法で占いたくなることもあるのではないでしょうか。でも、悪い結果は見落としている点や方向転換を促してくれていることもあるため、むやみに占いを続けないほうが良い結果を招くことが多いのです。代わりに、何を見落としているか?今考えている選択肢以外に何が考えられるか?振り返ってみましょう。電話占いや対面鑑定の最中ならば、そういった内容を尋ねてみても良いでしょう。スマホやパソコンを使っている場合は思い切っていったん違うことをし、数時間から数日置いて質問しなおすのがおすすめです。サイトに同じ質問をしたい場合はこれくらい間を空けるようにと指示がある場合は、それに従いましょう。 逆に結果が良かった場合は、支えてくれる周りへの感謝と自分への労いを大切にすると、より大きな幸せを招くといわれます。無理をする必要はありません。幸せのおすそ分けという感覚で、自分ができることで周囲への恩返しを心がければいいのです。厳しい状況を乗り切った後であれば自分を存分に休ませてあげるのもいいでしょう。 いずれにせよ占いの結果は謙虚に受け止め、日々の生活に活かしていけるようにしましょう。